05 May 2006

Stephen Colbert(スティーブン・コルベール)のスピーチ その3



スピーチが行われてから既に6日目ですが、アメリカ国内のブログでは依然としてこの件が盛んに取り上げられ続けています。同時に、議論の中心は、Colbertのスピーチの内容そのものというよりも、大手メディアがこのスピーチについてほとんど報じない事態についてへ移ってきています。

メディアも少しずつこのスピーチのことを取り上げ始めている模様ですが、保守派の論調は基本的にはどれもNYTと同様で「Colbertのスピーチは全然面白くなかったからニュースになっていないだけだ」という主張になっています。

Washington Postでは代表的な保守派コラムニストであるRichard Cohenが"Not So Funny"(「面白くもない」)という題でコラムを書いています。

(...)The gala is an essentially harmless event that requires the presence of one man, the president. If presidents started not to show up, the organization would have to transform itself into a burial association. But presidents come and suffer through a ritual that most of them find mildly painful, not to mention boring. Whatever the case, they are guests. They don't have to be there -- and if I were Bush, next year I would not. Spring is a marvelous time to be at Camp David.

On television, Colbert is often funny. But on his own show he appeals to a self-selected audience that reminds him often of his greatness. In Washington he was playing to a different crowd, and he failed dismally in the funny person's most solemn obligation: to use absurdity or contrast or hyperbole to elucidate -- to make people see things a little bit differently. He had a chance to tell the president and much of important (and self-important) Washington things it would have been good for them to hear. But he was, like much of the blogosphere itself, telling like-minded people what they already know and alienating all the others. In this sense, he was a man for our times.

He also wasn't funny.


あの晩餐会は基本的にはどうでもいいイベントで、だけどどうしても一人の男に来てもらわないと始まらない。大統領だ。もし大統領が出席するのをやめてしまったら、記者協会は葬儀屋協会にでも衣替えするしかなくなるだろうね。しかし大統領は出席して、退屈なのはもちろん、どこか居心地の悪い儀式にわざわざ最後までつきあってくれてるんだ。どういうことであれ、大統領達はゲストなんだ。別に出席しなきゃいけない訳じゃない。もし私がブッシュなら、来年はあんな晩餐会には行かないね。春のキャンプ・デービッドは素晴らしいから。

テレビではColbertは面白いよ。だけど自分の番組で自分が選んだ客の前でしゃべって自分で悦に入ってるだけだ。ワシントンではそんな観客はいなかった。彼はお寒くコケた。コメディアンとして、客を自分の世界に引き込むことができなかった。彼は大統領やワシントンのお偉いさん連中(や偉ぶってる連中)にもっとましな話をしてやることもできたはずだ。だが彼は、ブログ界の大多数と同じように、自分と同じことを考えている人間に向かって自分が読んだり聞いたりしたことをしゃべり、自分とは考えの違う人間をコケにしただけだ。そういう意味では彼はいかにも今の時代っぽい人間だ。

しかも彼はちっとも面白くもなかったよ。


一方、Salon Magazineが"Making Colbert go away"(「Colbertを追っぱらい中」)という題で記事を載せています。

(...)It's silly to debate whether Colbert was entertaining or not, since what's "funny" is so subjective. In fact, let's even give Colbert's critics that point. Clearly he didn't entertain most of the folks at the dinner Saturday night, so maybe Scheiber's right -- he wasn't "entertaining." The question is why. If Colbert came off as "shrill and airless," in Lehman's words, inside the cozy terrarium of media self-congratulation at the Washington Hilton, that tells us more about the audience than it does about Colbert.

Colbert's deadly performance did more than reveal, with devastating clarity, how Bush's well-oiled myth machine works. It exposed the mainstream press' pathetic collusion with an administration that has treated it -- and the truth -- with contempt from the moment it took office. Intimidated, coddled, fearful of violating propriety, the press corps that for years dutifully repeated Bush talking points was stunned and horrified when someone dared to reveal that the media emperor had no clothes. Colbert refused to play his dutiful, toothless part in the White House correspondents dinner -- an incestuous, backslapping ritual that should be retired. For that, he had to be marginalized. Voilà: "He wasn't funny."(...)


Colbertが面白かったかどうかを議論しても馬鹿らしい。何が「面白い」かというのはすごく主観的な話だからだ。実際、じゃあColbertを批判している連中の言う通りだとしよう。確かにColbertは晩餐会の出席者のほとんどを愉快にさせていなかったんだから、Scheiberの書いていることは正しいのかもしれない・・・Colbertの話を聞いてる奴らは「面白くなかった」んだ。問題はそれがなぜかってことだ。ワシントン・ヒルトンの居心地のいい宴会場の、プレスが身内同士で賞を授与しあってる会場で、もしColbertが、Lehmanの言葉を借りれば「大声で空気の読めない」スピーチをしてるように受け止められてたんなら、それはつまりColbertがどうこうじゃなくて、観客に問題があったってことがよくわかる。

Colbertの痛烈な演説は、石油でピカピカにまみれたブッシュ伝説製造機の仕組みを、めちゃめちゃわかりやすく明らかにしたというだけじゃない。大手マスコミが、いままでマスコミ自身をーそして真実をー発足当時からずっと見下してきたブッシュ政権と、情けなく共謀してきたってことを暴露しちゃったんだ。脅され、甘やかされ、いい関係でいられなくなることを怖がって、もう何年もブッシュの言うことを素直に垂れ流しにしてきたマスコミは、王様は裸だと言われて、肝をつぶして恐れおののいたんだ。Colbertは晩餐会でお約束通りのふぬけたスピーチをすることを拒んだ。あんな排他的でなあなあな晩餐会はもう終わりにするべきだ。そんなわけで、彼が登場しなきゃいけなくなったんだ。彼が「面白くない」?バンザイだ!

1 Comments:

At 5/5/06 05:02, Blogger loring said...

Stephen Colbert is funny.

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home